さがみ湖イルミリオン!新しいことに挑戦したよ!

さがみ湖イルミリオン!新しいことに挑戦したよ!
4+

みんなこんにちは!かいせいです!
今日はこの前お出かけしたときのことを書くよ
イルミネーションをみに、さがみ湖イルミリオンに行ってきたんだ

相模湖イルミネーション(さがみ湖イルミリオン)って

  • 関東三大イルミネーションのうちの一つらしい。
  • 関東最大級600万球のなかで味わう、体感型イルミネーションらしい。
  • 2018年のイルミネーションアワード 総合エンタテイメント部門 第2位 らしい

秘書(ママ)が「イルミネーションを見たい!」と言ったことがきっかけで、今回の小旅行が決まったんだ。

相模湖イルミネーション(さがみ湖イルミリオン)
http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/

車で行ってきたよ

車に乗ってる時間が長かったから、眠たくなっちゃって
ツリーの前とか、入り口のイルミネーションで写真撮ってもらったんだけどなんかぼーっとしちゃってた

車椅子にも優しい??

車椅子用の駐車場がちゃんとあって、入り口のすぐ近くに停めれたよ
多目的トイレも合って、授乳室もあったから家族でも行きやすいと思ったよ。

だけど、車椅子だと全部を回ることは難しいと思うなぁ。
リフトに乗っていく頂上のエリアは、まずリフトに乗らないと行けない。
上に行くと観覧車やアトラクションがあるんだけど、こーいう乗り物は、
車椅子のオレには無理だったよ。

まぁこれは、さがみ湖イルミリオンだけじゃなくて、どこでも無理だと思うけど。。。

イルミネーションはキラキラしててキレイだった

そんなオレでも、イルミネーションは見れるし、キラキラしててキレイだったよ
スロープもあって見て回れるし、写真スポットがたくさんあって写真も撮れたよ

雨がちょっと降ってきてカバーをかけられました。
これ、オレ写ってるの??

オレはかなり楽しかったよ

なんと、リフトに乗ったぜ!

今回のメインイベントはなんと言ってもリフトに乗ったことだぜ!!

オレにはいろんな機械がつながってるんだけど、普段つけてるのはこんな感じ

  • 口から栄養を取れないから、24時間ミルクをお腹から入れている
  • 呼吸を手伝うための人工呼吸器が首につながっている
  • 心拍数、血中酸素濃度を図るためのサチュレーションモニターが足につながっている

つまり、オレが移動するときはこれが必ず一緒に移動しないといけないわけ。

それを知ってるはずなんだけど、秘書(ママ)がリフトに乗りたい!っていうんだよ

オレびっくりしたよ!まず、リフトってなに?って話
当然知らないからなんの話をしてるか最初はわかんなかったけど、
マネージャがオレの周りの機械をどんどん外していくわけ。

意味もわからずにいて、気づいたら空中に浮いてたんだよね。

ただマネージャの上に座ってるだけなんだけど、 下がキラキラ光ってて空を飛んでる感じだったよ

行き(上り)

空中怖えぇ

帰り(下り)

帰りはもう慣れたから、寝といたよ
下は虹色の絨毯のようにキラキラとキレイだったよ

マネージャはヒヤヒヤだったらしい

マネージャことパパです。
今回のリフト乗車はかなりヒヤヒヤでした。

バギー(車椅子)を下において、上に登ったらずっと抱っこになるわけで、
もし何かあったら呼吸器もつけれないし、いろんな道具も下にあるのです。
これってかなり危険で本当にもし何かあったらどうしようも無い感じになってしまいます。
なので、いつも以上に顔色や体調などを慎重に見て行けると判断して乗りました。
アンビューバッグ(手動で送気し人工換気を行う器具)だけでも持っていけば少しは安心できたかもしれない。

乗ったら乗ったで、脚の上に乗せて抱っこしているのですが、せっかくなので、写真や動画を撮ろうと思いました。
リフトには安全バーはなく、単に座った状態の中で、右腕でかいせいCEOを抱え、左手でスマホで撮るということをしています。
他の方には絶対におすすめできません。
ですが、新しいことができた喜びを記録したいという思いが強いので思い出として写真と動画を撮りました。

今回の場合は、上に上がった途端に雨がパラついてきて本格的に雨が降ってきたらどうしようと常にヒヤヒヤした状態で上をみてまわってました。
この写真、上で撮ったんですが、ニコニコしている私は内心ヒヤヒヤしまくりです。

かいせいCEOにとってまた一つできたことが増えてとても嬉しい気持ちでいっぱいです。

4+