経管栄養チューブ(EDチューブ)が破損したときの応急措置の方法

経管栄養チューブ(EDチューブ)が破損したときの応急措置の方法
3+

この方法は実際に私が小児外科での定期交換の3日前に破損してしまって、実践した方法です。もしダメだったら救急車で病院に行こうと思っていましたが、なんとか持ちこたえましたのでご紹介します。

必要なアイテム|フィルムタイプの薄いテープ

破損すると栄養が取れなくなって大変

この経管栄養チューブ(EDチューブ:十二指腸チューブ: 食道経由経腸栄養用チューブ )はここからすべての栄養をとるので、子供にとってまさに生命線です。

このチューブが破損してしまうと大変です。
別のチューブに取り替えるには、小児外科に行ってレントゲンを取りながらチューブを入れる必要があるので、一大事です。

かいせいCEOはコレで何回も救急車に乗っています。

応急措置の方法を教えます!これで3日は持ちます!

破損してしまって救急車を呼んですぐに病院に行ければ良いのですが、旅行先などでどうしてもかかりつけの病院に行けない場合などもあります。

そんな時にできる応急措置の方法を紹介します。

1.まずは事前にこちらのテープを用意しておきます

薬局やドラックストアで売っているかもしれませんが、取り扱っていないことも多いかもしれませんので、お近くのお店にない場合はネットで購入するのが良いと思います。

また、必ずこのテープというわけではないので、フィルムタイプの漏れを防ぎやすいテープであればOKです。

2.テープを5cm四方に切ります

使うのは1枚でOKです

3.下から上にかけてEDチューブに密着するようにテープを巻いていきます。

4.お手持ちのテープ(なんでもいい)で補強します

上からテープでフィルムテープを覆うように補強します。

我が家はいつも使用しているこちらのテープを使いました

経管栄養チューブ(EDチューブ)をお使いの家庭は緊急用として用意していおくと安心ですよ

旅行や外出しないから大丈夫と思っていても、災害時などで避難しなければならなかったり、避難先で破損してしまって、すぐに病院に行けない、病院に行っても機械が使えないという状況になることも考えられます。

災害用として購入しておくのも良いと思います。

参考|他に我が家で使用している医療用テープ

3+