車いすのまま乗車できる福祉車両レンタカー紹介|トヨタレンタカー ウェルキャブ車 スロープタイプ

車いすのまま乗車できる福祉車両レンタカー紹介|トヨタレンタカー ウェルキャブ車 スロープタイプ
2+

いつも私たちは旅行する際に新幹線で近くの駅まで行って、そこからレンタカーを借りて移動しています。
車いすのまま乗車できる福祉車両は普段見慣れていないのと、使い慣れていないので利用する方が少しでもイメージできて、事前に把握できていると安心できると思ってまとめてみました。

トヨタレンタカーでいつもレンタルしている福祉車両

w2タイプ トヨタ ノア 8人乗り スロープタイプ

トヨタレンタカー ウェルキャブ(福祉車両)
https://rent.toyota.co.jp/service/welcab/charge.aspx

こんな風に車いすのまま乗れます

かいせいCEOの車いすは普段目にする大人用の車いすとは違って、呼吸器などの医療機器を多く積んでおり、本人と車いすを切り離すことが難しいです。
そのため、車いすのまま乗ることになるのですが、福祉車両だと、座席がとられており、車いすのまま乗車することができます。

車いすを固定するためのフックが備え付けてあります

車いす自身に車輪をロックする機能があると思いますが、車と車いすを固定するためのフックも備え付けてあります。これで車いすを固定することができます。

さらに、本人のシートベルトもありますので、これで車、車いす、本人の安全確保ができたことになります。

W2タイプは一番うしろの座席も使える

後ろには旅行用の荷物を置くスペースが十分にあります

トヨタレンタカーのウェルキャブ車を使っている理由

一度利用すれば「前回と同じで!」って言える

一度利用してしまえば、借りてから利用するまでの時間をかなり節約できます。

車いす車両に関しては、事前に説明する手間がものすごくかかります。
初めて利用するレンタカーの場合、

  • 車いすはどういうタイプか
  • 大きさはどれくらいか
  • 手動か、電動か
  • 車いす自体は必要か
  • 医療機器はあるか
  • 車いすと本人は切り離せるか
  • 本人は座席に乗るか

など、全てにおいてイチから説明しなければなりません。
普段から見慣れている私達は当然ですが、レンタカー屋さんの立場からするとどのようなお客様が利用するかを把握しておきたいと思うのは当然です。

レンタカー屋さんごとに聞きたいポイントが違ったり、さんざん説明してやっぱり貸せませんってなったらものすごくイラつきます。

お金がかかるとか、もっと安く利用できるとか言う話ではなく、精神的に説明するイライラを解消できることの方が嬉しいです。

日本全国どこでもあるから探す手間がかからない

行ったことのないところに旅行する場合に、旅行先の準備や病院の手配など調べることがたくさん案るのに、レンタカー屋さんを探して、前述のような交渉と説明をして・・・ってとても大変です。

トヨタレンタカーは主要駅にはほとんどありますので、探す手間はほとんどかかりません。
新幹線で移動してレンタカーを借りる私達にとってはとても便利です。

実際に乗車する手順は?

車の後ろを開ける

スロープを出す

車いすを引っ張るベルトを前方につける

車いすのままスロープを使って乗せる

車いすの前輪と後輪をロックする

乗車完了

ご自身の車を福祉車両にする際の参考にもしてみてください

在宅医療に移行し、通院や移動の際にご自身の車を福祉車両にする必要があるご家族もいらっしゃると思います。
車いすのまま乗車できる車両はほとんどの方が利用したことが無いと思います。
私自身もかいせいCEOが産まれてから退院するまで車いすのまま乗れる福祉車両は使用したことがありませんでした。

どのような手順で、どのように乗せたら良いのか、ロックはかかっているのか、など、普通の車を運転する注意に加えて考えなければならないことがたくさんあって、大変な思いをしたことがあります。

その一つは、車の中身がどのようになっているかわからない。。。という点でした。レンタカーもそうですが、ご自宅の車を福祉車両にする前にお試しでレンタカーを使用してみるという選択肢もあると思います。

これから福祉車両の利用を検討している方の参考になれば幸いです。

キッズフェスタでも福祉車両の紹介があります

毎年開催されているキッズフェスタと呼ばれる福祉装具展ですが、福祉車両に関するブースも何社か出しています。
こちらに行ってみるのも参考になると思います。

2+