かいせいマシン!【Ver3.0】車いすバギーの装備品を全部紹介する

かいせいマシン!【Ver3.0】車いすバギーの装備品を全部紹介する
2+

マネージャです。
かいせいCEOは肢体不自由児と言いまして、自分で歩くことができず、移動は常に車椅子に乗った状態です。見た目は赤ちゃん用のバギーやベビーカーに見えますが、特別に作成してもらった車椅子の分類に入ります。
また、人工呼吸器を使用しているので座面の下には人工呼吸器を始めとした様々な物品を積みながら移動しています。
今日はその車椅子バギーを紹介します。

オレのマシンを紹介するぜ!

退院してすぐの頃は外出する時に、何が必要かわからず、外出先でこれがあったら良かったのに・・・と思う場面が多くありました。
また、荷物を乗せるのに時間がかかって、家から出るだけで疲れていました。
退院してから3年以上が経ちまして、新幹線に乗って旅行したり、宿泊したり、する中でこんなモノがあったら良いなと思うものを装備してきました。
今は今回紹介するような状態になっています。
全てが医療器具ではなく、100円ショップや普通の子供用品も多くあります。病院などではこれらの物品は紹介してもらえないかと思うので、在宅医療に移行する方のお役に立てれば光栄です。

前面

車いすマーク

100円ショップで購入。車に貼るマグネット式の車イスマークです。
かわいいキャラクターやママさん手作りのおしゃれなマークがありますが、標準的なマークをいつも使っています。

普段歩いているとベビーカーだと思われることが結構あります。
階段しかない場所で昇降機を使いたいと言ったら、「ベビーカーですよね?」と言われたりしたこともありました。

多くの方から見るとこれが車いすだとはわかりません。
ですので、気づいてもらうことを優先してこのマークをぶら下げています。
これをつけると前よりも気づいてもらう率があがりました。

実は車いすに馴染みのない方と一度話したことがあります。
普通の車いすならわかるが、道ですれ違った程度では、かいせいCEOのようなタイプはベビーカーにしか見えないそうです。
なので、マークがある方がこちらとしても嬉しいというのです。
一つの例ではありますが、双方メリットがあると感じています。

先程言ったかわいいキャラクターのマーク。実は裏側に入っているんです。
同じ病気の子どもたちとの集まりや障害児に理解のあるお友達と集まる時は、皆さん車いすだと当然わかっていますから少しだけ可愛くして遊ぶようにしてこのマークを楽しんでます。

ミルクボトルカバー

かいせいCEOは24時間ミルクをお腹に直接注入しています。
ですので、ミルクのボトルに数時間分のミルクが常に入っている状態になっています。

そうすると問題になってくるのが、
夏は暑くなって腐ってしまう可能性がある、
冬は固まって流れなくなってしまう可能性がある、
ということです。

これを防ぐために
夏は保冷カバーを
冬は保温カバーを
つけています。

ミニタオル&帽子クリップ

かいせいCEOはよだれが多いです。放って置くとよだれかけがヒタヒタになるくらいでます。
口や鼻から泡ぶくが出て、すれ違った人から心配されるくらいの量がでます。

ですので、ミニタオルを近くにおいておくのですが、近くにおいておいたり、身体とバギーの間に挟んでおくと、移動中に落ちてしまいます。
何枚も紛失しました。

そこで、100円ショップなどで売っている風で飛んでいかないようにする帽子のクリップをつけて置いてます。

これですぐに拭けるし、落とすこともないです。

大きい洗濯ばさみ

万能の大きい洗濯ばさみです。これは吸引器のホースを止めるために使っています。
近くに固定できることで、すぐに吸引することができて重宝しています。これ以外にもコードやホースなどを固定するために使えるので、いろんなことに応用できます。
もちろん100円ショップです。洗濯コーナーへGo!

左サイド

外出用吸引器(べべキュア)

我が家は吸引器が2台あります。1台は障害者手帳の手当で購入いたしましたが

  • 外出時に毎回乗せ換えるのが面倒
  • もうちょっとコンパクトなのがほしい

という理由から自費で購入いたしました。
出費はあるものの、外出時の荷物移動の負担が減ったことのほうが大きいので買ってよかったです。

吸引器に関してですが、このべべキュアだけでなく全般的に不満に思っていることがあります。それは、

「充電と給電が同時にできない」

ということ。
バッテリーを積んでいてコードレスで使うこともできるし、
コンセントからコードを繋いで使うこともできます。

じゃぁバッテリーを充電しながらコンセントからコードを繋いで吸引器を使えるか?
これが使えないんです!!
意味わからなくないですかこれ?

多分吸引器全般的にこういう仕様になっていると思います。
今度詳しく調べようと思いますが、「医療機器だから」「外出用に作られていないから」という理由を聞くのですが、全く納得館内です。製品開発超遅れています。

なんかいいのありませんかね・・・・

ヘルプマーク

ヘルプマークは、義足や人工関節を使用している患者、内部障害や難病の患者、精神障害、知的障害または妊娠初期の人等、援助や配慮を必要としていることが外見では分からない人々が、周りに配慮を必要なことを知らせることで、援助を得やすくなるよう、作成された、東京都によるピクトグラムである。
著作権は東京都に帰属し、商標登録されている。ヘルプマークの趣旨に合致すれば作成・活用することが認められているが、寸法や比率を含めてガイドラインに従う必要がある。

Wikipedia

障害者手帳を作った時にもらいました。
いちおうつけてますが、目立つところにつけられてないので、良い付け方を模索中です。
かいせいCEOのように人工呼吸器をつけていると明らかに障害があるとわかりますが、中には外見だけでは全くわからない障害を持った方もいらっしゃいます。
前述の車いすマークと同じで、つけることで少しでも周りに気づいてもらえると嬉しいですね。

傘(ホルダー付き)

アウトドア用の傘を常備しています。

おむつグッズ

これは必須。オムツとおしりふきが入ってます。
ビニール袋もセットで

荷物置き場

気管カニューレの予備

緊急用に気管切開部の気管カニューレの予備を置いています。
なんかの拍子に抜けて、落ちてしまって、汚れてしまったり、
タンなどが詰まってしまって、使い物にならくなってしまったり、
新しいものが必要になる場合を想定して置いています。

ただ、一度も使ったことありません。備えあれば憂いなしです。

マジックテープ

酸素ボンベがぐらついて落ちることがたまにあるので、それを固定するためにマジックテープを使って止めています。

100円ショップでデスク周りのコードを束ねる結束バンドコーナーのあたりにあります。
バギー周りはごちゃつきがちなのでこういうので束ねるのは

電源類(PC用小物ポーチ)

呼吸器には、内部バッテリーと外部バッテリーが付いてまして、
それ以外にもう一個予備の外部バッテリーがあります。
呼吸器は呼吸をサポートしているので、絶対に止まってはいけません。

今でこそかいせいCEOは人口鼻で過ごせる時間がありますが、多くの場合、常につけてないと呼吸ができないです。
ですので、バッテリー切れは致命的です。

外に出ている時に電源が切れないように予備の外部バッテリーをのせています。

人工呼吸器

これは普段つけているものをのせかえるだけです。
ただし、移動の時はホースを移動用のものに変えます。
自宅では加温加湿器と呼ばれるものを通して気管カニューレにつないでいますが、移動時は呼吸器から直で気管カニューレにつなぎます。

予備用グッズ一式(小さめリュック)

【医療物品】

胃ろう部分を固定する テープ類
サチュレーションモニターセンサー
シリンジ
人工鼻
清浄綿・アルコール綿
吸引チューブ(たくさん)

【日用品】

モバイルバッテリー(スマホ用)
虫よけシール(夏用)
マスク(子供用)

酸素ボンベ

普段は使用していないのですが、体調を崩した時に呼吸を助けるために酸素を使う場合があります。その時の予備として乗せています。

背面

サチュレーションモニター(持ち運び用)

こちらは障害者手帳の手当を使って購入させていただきました。電池で動かすことができるので持ち運びに便利です。

エネループ(「充電式EVOLTA」)ハイエンドモデルを使うと良いよ

単3の電池を4本使用するのですが、アルカリ電池だと連続使用30時間くらい持ちます。
私が使っているのは、エネループ(「充電式EVOLTA」)です。しかも大容量モデルです。こちらは1.5倍ぐらい容量が大きいので、充電する回数が減るので助かってます。
外出時しか使用しないので、毎回充電する必要はありませんが、容量が増えていることで充電する回数が減ることは手間が減って嬉しいです。

傘をさすとこ

アウトドア用の傘を使用しています。
釣りなんかに使う椅子につけられるやつです。
これを持ち手部分につけておくと雨の時に両手で車いすバギーを押しても傘をさせるのです。
雨が降ってる時に傘を片手で持ちながら何十キロもあるバギーを押すのってすごく大変です。力のあるパパですら大変なのですから、ママさんが押すことを考えるとすごく大変ですよね。これは急な雨なんかでも簡単にさせるので便利です。

手ピカジェル

これはこの記事を読んでいる皆さんであれば当然なアイテムだと思います。
潔癖症ではなくても、たん吸引などの医療行為を行う時は使いたいですよね。

あとは悪気は無いんですが、他の人が抱っこしたり手を握ったりするときってどうしても「手ピカジェルつけてよ!」ってお願いしたくなりますよね。体調崩すようなことが起きないかもしれないけど、念の為って感じで、それで変な空気にしたくはないんですが、難しいところです。

気軽に手ピカジェルを差し出して「念の為、はい」って取り出せるようにぶら下げてます。あまり悪い気をする人いない印象です。

頻繁に使うもの一式

このあたりは日常的に使うものを一式入れています。すぐに取り出しやすいように入れています。

  • 吸引チューブ
  • 吸引チューブ洗浄用水
  • アンビューバッグ
  • ミルク予備
  • ミルク作る用ボトル
  • 薬注入用シリンジ&チューブ
  • 清浄綿・アルコール綿

ひらくPCバッグ

これら一式を入れているカバン自体は私が昔使っていたショルダーバッグをそのまま使っているのですが、作りが特徴的なので一応紹介しておきます。

レインカバー

雨が降ったときのためにレインカバーを用意しています。
普段は使用しないのでここに収納しています。
雨の日の移動に関しては<レインモード>をこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

ちなみにレインカバーはオプションでちょっと前につけてもらいました。

ドリンクホルダー

これは普通にベビー用品に売っているベビーカーに付けるドリンクホルダーです。パパやママだって飲み物飲みたいですよ

右サイド

サイドネット

かいせいCEOのお友達のパパから教えてもらったアイテムです。
これ結構いろいろ入るので便利です。
2個買って両サイドにつけるってのもありです。
ちなみに私たちはこんなモノを常に入れています。

  • 予備の服
  • 靴下
  • マスク(子供用)
  • 胃ろうボタン(予備)
  • レジャーシート

レジャーシートの使い方

かいせいCEOは呼吸器やミルクの注入があるので、基本的に車いすバギーと一緒に移動しなければいけません。
外出先で靴を脱いで室内に入る場所があった時もバギーのまま入らなければなりません。
そんな時はレジャーシートの上にバギーを乗せてレジャーシートごと移動して行きます。こうすることで室内を汚さずにすみます。

さらに、雨の時は呼吸器をのせている荷物のせ部分に対して全体的にかぶせます。そうすると機器類に雨があたるのを防いでくれます。

非常用バッテリー(アウトドア用)

これは主に呼吸器ようですが、
心配性の私は、予備の外部バッテリーがあるにもかかわらず、そのバッテリーも切れたらどうするんだ!と思ってしまい、
アウトドア用の非常用バッテリーを購入しています。
これはコンセントをさすことができるので、そのまま呼吸器を充電できます。
「まぁ使うことはないだろう」と思ってましたが、過去に何回か使った場面がありました。
電源が切れる寸前の呼吸器ってすごい音で鳴るんですよw
流石にテンパりましたねw
このバッテリーあってよかった!って本気で思いました。

突然の雨でも万全の対策!<レインモード>

かいせいマシンには雨が降ったときのために<レインモード>が存在します。
こちらの記事を参考にしてください。

これまでオレのマシン バージョンアップ履歴

執筆中

車いすバギー本体の紹介はこちらの記事で紹介しています

2+