障害者手帳があれば無料で散髪ができて家に美容師さんが来てくれるサービスがあるのを知ってますか?

障害者手帳があれば無料で散髪ができて家に美容師さんが来てくれるサービスがあるのを知ってますか?
4+

髪を切りたいのに簡単に外出できない!なんてことないですか?

在宅医療などをしていて外出に制限があったり、でかけたくても介助者一人では外出できないし、外出先で何かあったらどうしよう・・・

と思って簡単に外出できないことは多いですよね

日常生活を送っていると髪の毛は伸びてきます。
外出できないから髪が切れない。髪を伸ばしたまま不便な生活を送るのは大変ではないでしょうか

さらに、障害者だからといって美容に気を使わなくて良いということはありません。
女性であれば可愛くキレイに!男性であればカッコよくスタイリッシュにいたいと思うのが普通です。
それを障害があるという理由だけで諦める必要はありません。

障害者手帳を持っていれば無料で美容師が家に来てくれて散髪できますよ

障害者手帳などの手帳を持っていれば無料で散髪のサービスが受けられるのを知っていますでしょうか。

料金がかからないだけでなく、自宅に美容師さんが訪問してくれるので外出しなくても散髪ができてしまいます。

髪を伸ばしたままでいると、汗をかきやすくなってしまい、体調を崩してしまうことも考えられるのでファッションや美容という視点だけでなく、
体調面を気にするという視点でも遠慮なく利用することをお勧めします。

実際にかいせいCEOは髪が伸びることによって大量に汗をかいて頭が熱くなる時が頻繁におきます。

具体的な内容や手続きの方法

具体的にどのような方が対象かを見ていきましょう

サービス名称

理美容サービス

内容

理容所や美容所へ出向くことが困難方が、理美容師の訪問を受け、自宅で調髪ができます。
年6回を限度とし、費用はかかりません。

サービスを行う際は親族等の立会が必要で、介助をお願いする場合もあります。

対象

65歳未満で、以下のいずれかに該当する方
1.身体障害者手帳1級(下肢または体幹障害)の方
2.愛の手帳1度の方
3.精神障害者保健福祉手帳を持っていて、障害程度が2級以上の方

申請方法

家族や代理の方が、市区町村の役所窓口で申請する

頻度

年間6回程度

料金

ゼロ円(0円) 費用はかからない

利用までの流れ

1.家族や代理の方が、市区町村の役所窓口で申請する

2.受理されると通知と一緒に利用券・訪問可能な理美容室一覧が送られてくる

3.一覧から任意の理美容室を選び、電話をして予約する
  障害者手帳の理美容サービスを利用したいと伝えると話が早いはず

4.訪問当日になったら髪を切ってもらう

5.さっぱり!!

注意点

市区町村によって内容が変わると思いますので、利用する際は住んでいる役所に確認してみてください。一部費用が発生する場合もあります。

障害者のための案内冊子に掲載されていますのでそちらを確認するのも良いです。

まとめ|障害者手帳があれば無料で散髪ができます

・障害者手帳や愛の手帳などを持っていれば美容師が家に来て散髪してもらえます
・料金はゼロ円で、年間6回程度(2ヶ月に一度くらい)利用が可能です。
・具体的に当てはまるかは市区町村の役所に確認しましょう

我が家はバーバーパパを利用しています

これはマネージャが切ってくれました

4+